2011年10月27日木曜日

ちょっと昔の話

アピストはまだボレリィを違う水槽で地味に飼育している頃の話ですが


頑張って飼育していた魚が居ました。







ご存知のかたも多いと思いますが、チョコレートグラミーです


彼らを飼うためにRO水を導入したり、ピートを投入したり色々と頑張った結果繁殖

し始め順調に吐き出された後の稚魚をプラケースで飼育し始めて繁殖出来た!ヽ(´ー`)ノ

と喜んでいた一週間後位の出来事でした。


震災と震災後の計画停電です・・・


その影響だと思いますが親10匹、稚魚10匹以上が全滅してしまいました。


まず、稚魚が死に絶え、一匹、また一匹と親が死んで行きました。


ろ過が止まったり、ヒーターが止まったりはすごくストレスだったのでしょう・・・・


今でもショップでチョコレートグラミーを見ると悲しい気分になります。


多分もう飼うことはないでしょう(´;ω;`)ウッ…


下の写真は震災を乗り越え今でも健在のリコリスグラミー・リンケイの♂です。




そんな中でも元気に生き残っていたボレリィ達をみてアピストの飼育に嵌っていったのでした・・・



2 件のコメント:

  1. 1. 無題
    グラミーは残念でしたね。
    あの時は熱帯魚屋さんもすごく大変だったみたいですもんね。
    自分もあの時はレットビー水槽がほぼ全壊しましたしね(T ^ T)

    返信削除
  2. 2. 無題
    >おたかぽっぽさん
    コメントありがとうございます
    グラミーは難しいと言われる繁殖が成功仕掛けていての全滅で凄く凹みました

    アピストは比較的丈夫なのでいいなぁと思います

    返信削除